FC2ブログ





2012年7月、北海道旅行記

 
2012年7月末、夏も盛りの連日35度の大阪から、
北海道の道東へ涼みに行ってきました。
 

 
この日は、伊丹空港からの出発です。
最寄駅からリムジンバスで空港へ向かいます。
 

 
この日は、7月下旬でもう夏休みシーズン。
朝の空港も結構混んでます。
東京から先のチケットがややこしいかもで、できれば伊丹で
チェックインしておきたかったんですが、混んでるので諦めます。
 

 
朝の、伊丹ー羽田線なんでビジネスマンで一杯の、
通勤列車ならぬ、通勤飛行機みたいですね。
 

 
NH20便 大阪伊丹ー東京羽田 1000-1115
チケットは旅割で早くから安く押さえてました。
 

 
そして羽田空港に到着。少し遅れ気味であせります。
乗継カウンターに行くと、次は国際線のチケットで国内線に乗るので
やはりカウンターのお姉さんは???と戸惑ってます。
1度外に出てチェックインして下さいとか言われます。
あまり時間が無いので、何とかお願いします、とこちらもお願いです。
そうすると搭乗ゲートで、チェックインできるようにしてみますと。
 
何とか到着階から出発階に上がり、ゲートに向かいます。
北海道行きですが、南のゲートから出発で、かなり遠く歩きます。
 

 
こちらの飛行機のようです。
NH837便 羽田ー中標津 1200-1340
 
チケットはソウル発券のチケットで日本国内を
羽田ー中標津 札幌ー大阪と取ってます。
 

 
搭乗ゲートで名前を告げると、チェックインが終わっており
搭乗券をもらいます。
ちょうどお昼の便なんで、サンドイッチでも買い込んでおきます。
 

 
時間もあまりなく、飛行機に乗り込みます。
国際線のチケットなんで、座席指定出来てなかったのですが、
エコ席の1番前のシートで取ってもらえたようです。
 

 
中標津の空港に着いても、お昼を食べる時間が無いかなと思い
カツサンドをつまんでおきます。
そして、ちょっと居眠りしてるまに、もう道東に到着です。
 
つづく。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



[ 2012/10/07 00:34 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(8)

開陽台から根室へ

 
羽田からの飛行機も順調に飛行し、中標津空港に到着。
 

 
空港のレンタカー、カウンターで予約の確認そして
空港近くの事務所まで送ってもらって、車を借りうけます。
 

 
空港から10分ちょいくらいでやって来ました、開陽台。
 

 
以前バイクで来たことがありますが、でも確か昭和だったかも(笑)
四半世紀ぶりなんで、記憶が薄れてますが、
もちろんこんな展望台なんか無かったと思います。
 

 
かなり久しぶりなんですが、でもここから見える景色は
あまり変わってないように、思いました。
 

 
展望台の上からだと確かによく見えます。
 

 
360度地平線がここのうたい文句、だったと思いますが、
実際は330度くらいだったかと思います。
 

 
さて開陽台から、この有名な北19号線で中標津へ戻ります。
 

 
別海町から根室方面へ、このあたりの国道も
ミルクロードと言う様です。(牧場が多く牛乳を運ぶ道)
 

 
海が少し見えてきたりして、そろそろ根室到着です。
中標津から1時間半くらいでしょうか。
 

 
まずは、根室駅前の宿にチェックインです。
ひょっとしてこの部屋、クーラーが無かったかも?
でももちろん、7月末でも夜は寒いくらいで必要無かったですが。
 

 
宿の前奥が、JR根室駅になります。
さてちょっと休憩して、また出かけましょうか。
 
つづく。
 
 
[ 2012/10/10 01:30 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(4)

日本最東端を目指して!

 
中標津空港からレンタカーで根室へ。
とりあえず1度宿にチェックインして荷物を置きます。
 
それでは最東端めぐりへ。
まずはこちら。
 

 
鉄道の日本最東端駅、JRの東根室駅です。
 

 
根室には3回目なんですが、今回ここには初めて来ました。
これで、最北端 稚内駅、最西端 平戸口駅 最南端 西大山駅 と
東西南北、制覇しました。でも九州の平戸口と西大山駅は
昭和の頃のかなり前の訪問なんで、また行かなくてはと思っています。
JR以外の最南端駅は、沖縄ゆいレールの赤嶺駅。以前駅前の
最南端駅の碑の写真撮りました。
 

 
それでは、日本の最果て東まで行こうと、車を走らせますが
何やら、霧が立ち込めてきて、徐々に真っ白に。
 

 
そんなこんなで、たどり着いた、納沙布岬。
でもあたり1面霧で、海の色もわかりません(泣)
もちろん、北方領土なんか見えません。
今までここに来たのは、今回で3回目。
夏と冬の年末。きれいに北方領土が見えたのは
冬の寒い時だけでした。これで1勝2敗。
 
う~ん、また来ないといけないのか!
 

 
最東端のトイレはこんなで、カニをイメージしてるようです。
 

 
なんか、段々と霧が濃くなって来てるようで、そろそろ
退散しましょうか。
 

 
展望タワーがあるんですが、ほとんど霞んでしまって
わからない状態ですね。
 

 
霧の中を、根室市内へ戻ります。
 

 
この看板が多数あります。
1度、国後や択捉に行ってみたいですが
生きてるうちに行けるかな~?。多分無理。
 

 
納沙布岬まで、行きは南廻り。帰りは北廻りです。
北方原生花園に立ち寄りました。
濃霧で少し幻影的です。
 

 
そして根室の宿に帰って来ました。
今回のお宿、あずま旅館。楽天から1泊5400円でした。
根室はチェーン店のホテルなんかは無く、料金は普通ぐらいか
少し高いですね。数が少ないのでしょうがないか。
 
結局、今日はまともな昼飯食ってなかった。
ちょっと休憩して、さぁ~晩飯や。
 
つづく。
 
[ 2012/10/12 23:40 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(14)

根室の夜をぶらぶら。

 
霧のノサップ岬から宿に帰って来ました。
ちょっと近所を散策。
 

 
宿が駅前旅館みたいな感じなんで、駅迄すぐです。
 

 
そして、駅となりのバスターミナルを覗いてましたら、
ありました、ザンギのお店。
友人に根室に行ったら是非食べてみてと、勧められてました。
 

 
そして、まだ明るいですが、飲み屋街をぶらぶら。
お客さんの少ないパチンコ屋さんなど、場末の雰囲気が中々漂ってます。
 

 
まだ閉まっている店も多く、適当な店に入ります。
 

 
根室に来たら、1度食べたかった花咲ガニ。
味はやはり、見た目と同じくタラバガニに似てますね。
 

 
あと、カキ酢に焼き鳥(豚串)。
 

 
そして、おおきなホッケと、北の味覚を満喫しました。
お代も3千円でおつりがきました。
 

 
入ったお店はこちらでした。チェーン店ですが、地元メニューがあったので。
それと他は閉まっていたり、高そうなお店でした。
 

 
でも今日は、昼飯を食べてなかったし、まだ何か食べたい!
ぶらぶらして、めぼしを付けていた店へ。
 

 
平凡な中華そばでしたが、充分にうまかったです。
 

 
かなり満腹になったお腹をさすりながら、ちょっと飲み屋街を
うろうろします。
 

 
食事前に閉まっていた、スナックビルもオープンしたようです。
 
7月末の、昼は暑い日でしたが、やはり最果ての町。
日が暮れると半袖では少し寒くなってきて、そろそろ宿に戻ります。
 

 
そうだ、これ食うの忘れてた!
で隣のコンビニで買ってきた、クラシックをお供に
ザンギを頂きました。
はい私、ザンギってあまりよく知らなかったですが、
ようは、鶏のから揚げでありました。
 

 
さて、そろそろ寝ましょうかと思い、外を見ると。
夜霧よ今夜もありがとうでした!
明日は晴れますように。
 
つづく。
 
 
 
 
[ 2012/10/15 23:12 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(10)

根室から中標津空港へ。

 
2012年7月に行った旅行記です。
 
ちょっと最近、中洲をぶらついたり、仕事が忙しかったりで、
最後の記事から2週間近くなってしまいました。
 
またがんばって更新しますんで、宜しくお願いします。
 
前回は納沙布岬を廻り。根室の街をぶらぶらした
とこまで書きました。そしてその翌朝から。
 

 
そして根室で宿泊した翌朝、レンタカーで出発しますが、
このまま中標津まで行くのも早すぎます。そんじゃあもう1度
納沙布岬行ってみようかと、東へ走り出しますが、
やっぱりまだ、霧が残ってまして、もうあきらめてUターンします。
 

 
車は西向きに変わりまして、根室市内に戻ります。
 

 
根室市内を抜け、中標津へ向けて走ります。
 

 
途中の道の駅で一休みです。
 

 
道の駅の裏手が風連湖です。
 
そしてこの辺から中標津まで1時間ほど。
 

 
そして以前バイクツーリングで来た、中標津駅。
もちろん以前は昭和の頃なんでJRも健在で、駅前の食堂で
ジンギスカン定食、食べたのを思いだしました。
もちろん今はほとんど面影も残ってませんでした。
 
駅跡に残るこの標柱のみですね。
ところで、この家族っていう映画知ってる人います?
確か長崎から中標津に移住するのに日本縦断していく
旅映画だったと思います。あの寅さんの山田洋次監督。
わたしも今でもうっすらと覚えています。(歳がばれます(笑)
 

 
そしてそろそろ時間となり、レンタカーを返却。
空港へ送ってもらいます。レンタカー会社から空港ターミナルは
歩ける距離では有りますが、わざわざ送ってくれます。
まぁ冬場の積雪、凍結時は歩くのは危険かも知れないですが。
 

 
この空港、木目調というか、本当に木材をたくさん
使ってるようです。
 

 
鉄筋もろだしの建物より、温もりを感じますね。
 

 
ちょっとラーメンなんか啜ってましたら。折り返し千歳行きの
機材が到着です。
 

 
ANA4834便 根室中標津ー札幌千歳 1310-1400
 
旅割で12900円、結構高いです。
 

 
木材が目立つボーディングブリッジへの通路を通り
搭乗です。札幌へ行きます。
さぁいくぞ、すすきの!(笑)
 
つづく。
 
 
 
[ 2012/10/29 00:42 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(10)

中標津から札幌へ

 
さて中標津空港から千歳空港に向かいます。
 

 
中標津ー札幌千歳線は。1日3便ありますが
朝、晩の便はプロペラ機、昼の便はジェット機になります。
 

 
離陸して、シートベルトサインが消えると、ちょうど摩周湖が見えました。
 

 
そしてこちらは、屈斜路湖。
 

 
そしてこれは、阿寒湖ですがちょっと雲が多くなってきて
わかり難くなってきました。
この後、ひと眠りする暇もなく、新千歳空港に到着です。
そしてJRで札幌駅へ。
 

 
朝、根室半島の原野にいて、今ここ、札幌駅前の大都会にいると
なんか変な感じです。
 

 
で、まずはホテルに荷物を置いて向かったのはこちら。
 

 
まだ他にも行きたいとこがあるので、ご飯は無しで
肉とビールだけで。
 

 
いつも、混みあってる店ですが、オープン後すぐ行けば
そう混み合う事は無さそうです。
 

 
おいしいジンギスカンを食べた後は、ラーメンでも
行きますか!
 
つづく。
 
 
[ 2012/11/01 23:14 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(8)

夜のすすきの歩き。

 
さて、ジンギスカンの晩飯のあと1度ホテルに戻ります。
 

 
宿泊したホテルはこちら。私のすすきのでの定宿でもあります。
 

 
今回泊まったお部屋。安いレートだったんで、狭い部屋です。
(チェックイン時に撮影)
 
それでは、ラーメン行きましょう。
 

 
行ったお店はこちら、五丈原。ひょっとして10年ぶり位でしょうか。
以前は行列のできる店で有名でして、並ぶのが面倒くさく
食べないで帰った事も有りました。
 

 
とんこつしおラーメン。
以前と変わらず、おいしかったです。
今回は満腹で食べれなかったですが、チャーシューおにぎりもおいしいです。
 

 
その後、すすきのの街中をぶらぶら。
 

 
今日は何かのお祭りだったようです。
駅前通りが1部歩行者天国になってました。
 

 
おなじみのニッカの看板。
大阪でいえば、なんば戎橋のグリコの看板みたいなもんですかね。
 

 
まだまだ賑わってるすすきのですが、
そろそろ撤退、ホテルに戻ります。
 

 
満腹だったはずですが、夜食に!
 
ほんとに満腹になって、おやすみなさい。
 
つづく。
 
 
 
 
[ 2012/11/03 23:08 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(4)

最終日、大阪へ帰ります。

 
さて、昨晩はジンギスカンにラーメンと締めにお茶漬けと
お腹一杯食べてしまいました。
 
そして朝ごはん。
 

 
日頃、あまり朝ごはん食べないんですが、旅に出ますと良く食べます。
 
今日は昼前の便で帰るんで、ホテルを早目にチェックアウトです。
 

 
そして札幌駅に来まして、JRで空港へ向かいます。
 

 
朝の千歳空港行きはそこそこ混みあいます。
 

 
この日は平日ですが、7月の第4週で、夏休みになったとこで
ベストシーズンでしょうか?そこそこ混みあってます。
 

 
こちらの飛行機で大阪へ戻ります。
 

 
NH776便 札幌千歳ー大阪伊丹 1120-1310
 
今年のANA修行もほぼ峠を越えてしまい、今回とお盆休みにタイへ行くと
ほぼプラチナ会員が見えてきます。
そして今回もプレミアムクラスにアップしました。
 

 
お昼にかかる便でしたので、冷たいですが
お弁当が出ます、シャンパンが無くなり、スパークリングワインに
なったとの事でそれを頂きました。
そして大阪伊丹着です。
 
今回、やっぱりジンギスカンは旨かったな~。
よし今度はピーチをポチっとして、食べに行きましょう!
 
おしまい。
 
 
 
[ 2012/11/09 23:51 ] 2012年7月 札幌道東 | TB(0) | CM(4)