FC2ブログ





福岡に戻って、もつ鍋で締め!

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
さて別府から特急ソニックに乗りまして、博多まで。
ちょうど2時間ほどです。
 

 
とりあえず、中洲に向かいますか。
ぶらぶらしてますと、いい時間です!
 

 
帰りの飛行機の時間を考えると、そろそろ行きますか。
 

 
博多中洲の夜はやっぱりここ!
 

 
前回も来ましたが、やっぱりもつ鍋!
山盛りのにら等、野菜もたくさん食べれます。
 

 
山盛りのにらも、ぐつぐつと煮立ってくると、平凡に。
 
関西のもつ鍋と比べると少し甘く感じますが、おいしく頂きました。
で、その後ごちそうさまで、空港まで。
 

 
ピーチ就航当時は、この最終便、いつも遅れて関空からの最終電車に
乗れるか冷や冷やもんでしたが、最近は、ほぼ定時で帰りの電車も
あまり心配せず良さそうです。
 

 
がらがらと、いうわけでもなく、そこそこ乗ってます。
でも今日の最終便、機内にはお疲れモードが漂ってますね。
この便が1500円プラス税でチケットが取れたのでした。
税込2200円ほどで、これくらいで乗れると、ほんと有り難いですね。
 

 
そして、関空に到着!
ターミナルから駅に行ってもまだ23時、電車もまだ動いてまして
無事自宅まで帰れました!
 
おしまい!
スポンサーサイト



[ 2014/10/03 01:12 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(6)

最後にもう一軒温泉へ。

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
朝風呂で竹瓦温泉に行き、旅館をチェックアウト。
そして昼まで街をぶらぶらします。
 

 
今回入浴してませんが、駅前通りに有ります、高等温泉。
ここは、大正時代に出来たという、洋風建築の建物です。
 

 
そしてぶらぶらして、こちらにやって来ました。
この路地の奥がお風呂になります。
 

 
こんな感じの、かわいい浴槽です。
お湯はやはり、かなり熱めです。熱い湯が苦手な私は大変です。
 
そして朝から2湯、身体から硫黄のにおいをプンプンさせて
そろそろ別府を離れます。
 

 
別府駅に戻ってきました。
駅前に変わった銅像があるなと思ってましたが、これは油屋熊八と
言う人の銅像だそうです。あとで調べますと、別府の観光開発に尽力を尽くし、
亀の井ホテルを創業、亀の井バスで日本で初めて観光バス
女性バスガイドによる案内を始めたとありました。
 

 
それでは、昼過ぎになりまして、別府を離れます。
 

 
博多まで行きます。約2時間ほど。
結局乗る前は手ごろな昼飯やさんとか無く、車内で食べようかと
買いこんで乗り込みました。
 

 
別府駅前のスーパーで買ったお寿司で昼ご飯。
これが安くて美味しかったです。
 

 
そしてビールのあては、とり天。
 
そしてしばらく、ウトウトしてましたら博多到着です。
 
つづく。
[ 2014/10/01 01:29 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(6)

朝風呂は竹瓦温泉。

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
さて前夜、遅くまで飲み歩きまして、翌朝。
 

 
旅館の朝食です。メインのお皿が寂しいですが、アジの開きをあぶってます。
左の黒い小鍋は湯豆腐でした。
 

 
和室で旅館という感じのお部屋でした。
朝食付きで1人4200円と中々お値打ちでした。
 
昨晩は帰りが遅く、夜中は旅館のお風呂も閉まってたんで、
朝風呂へでも行きましょう。
 

 
昨晩の写真です。
 

 
宿からすぐなんで、浴衣で来ました。竹瓦温泉。
中々風情があって、渋いですね!ちなみに砂湯も有ります。
 

 
浴槽です。熱い湯がこうこうと湧き出ていました。
 

 
ロビーの大時計が古そうです。
さてそろそろ、旅館のチェックアウト時間が迫ってきてます。
戻りましょうか。
 
つづく。
[ 2014/09/28 00:22 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(8)

別府の夜は、はしご酒。

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
さて念願の、関サバ、関アジを食べまして、その後
梅園温泉で一浴び。さぁもう一軒行きましょうか!
 

 
どこに行こうかと思いましたが、こちらも旅館で紹介されてた
宿の並びにある、小料理屋さんです。ちょっと入ってみましょう。
 

 
先ほどのお店で、ある程度出来上がってますので(笑)
ここでは、焼酎のロックからスタートです。
 

 
りゅうきゅう。刺身を甘だれに漬けたもの。
 

 
やっぱり、とり天!
焼酎がかなり廻って来ましたので(笑)この辺でお愛想。
 

 
ちょっと酔い覚ましに、ぶらぶら。
元々あまり人も居なかったですが、夜も更けてより一層寂しく。
 

 
商店街の飲み屋さんも、ほとんど店じまいですね
 

 
さて最後に締めでもう一軒行きたいところです!
 

 
日付が変わりましたが、まだ開いていた居酒屋さんで、
締めのラーメンではなく、締めのだんご汁。
宿に戻ると、もう1時半でした。それではお休みなさい!
 
つづく。
[ 2014/09/25 23:33 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(6)

関アジ、関サバで一杯!

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
さて泥湯でのんびりした後は、お待ちかねの刺身で一杯です!
 
あらかじめ、ネットで調べてたお店は今日は休みで、旅館で
関アジの美味しい店をと、情報を仕入れてました。
 

 
まずは、別府の飲み屋街をぶらぶら探検します。
 

 
19時半頃のベストな時間と思いますが、ほとんど人がいませんでした。
 

 
旅館で紹介されたのはこのお店で、結構人気店のようです。
なんとかカウンターに2席空席が有り、お邪魔します。
 

 
ここは、やっぱり、関アジと関サバですね。サバはあるのかな?
 

 
まずは、関サバ。
 

 
そして関アジ。
もちろん両方、おいしかったですが、私の好みはサバかな?
あじよりあぶらが乗っていて美味しいです。
 

 
1軒目の締めは軽く、つみれ汁で。
 

 
つみれ汁についてきた、この柚子こしょうが、めちゃうまでした。
帰りスーパーで買い求めお土産にしました。
 

 
まずは、関サバを食べる目的を達成し、また商店街飲み屋街をぶらぶら。
ちょっと一風呂あびましょうか。
 

 
ちょっと路地の奥に有ります、梅園温泉。
 

 
大正の頃からから有るんですね。
こじんまりした湯船で、地元の方で賑わってました。
 
さて、次もう1軒行こか!
 
つづく。
[ 2014/09/22 23:56 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(10)

家族風呂から泥湯へ。

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
駅からぶらぶらと歩きまして、10分弱で旅館へ。
 
私のいつもの宿泊施設は、ほとんどビジネスホテルなんですが、
湯の町別府、ここはやっぱり温泉旅館でしょということで、
旅館を予約しました。
 

 
大きな温泉旅館ではないんですが、飲み屋街、駅に近いと
立地重視でこちらの旅館にしました。
楽天トラベルから、2人1部屋で、朝食付き1人4200円でした。
 

 
チェックインしてまずは、どこかで一風呂と思ってたんですが、
家族風呂が1回入れますとの事で予約してくださいと。
じゃあすぐにと、期間限定薔薇風呂にしてみました。
右側の喜久泉に入れるようです。
 

 
確かに、薔薇が浮いているお風呂でした。
ちょっと、友人とおっさん2人が入るには???なお風呂でした(笑)
 
さてそのあと1度行ってみたいとこへ。
明礬温泉の泥湯です。
 

 
別府駅前からバスで30分くらいでしょうか。
 

 
湯煙が上がって、イイ感じですね。
 

 
ここは、湯が白いですが、泥風呂ではありません。
 

 
のんびりつかっていて
ちょっと日没してしまったので、わかりにくいですが、泥湯です。
 

 
ちなみにお風呂の中にある、木の柵の向こうは女湯とのこと
残念ながら女性を見かけることはなかったです(笑)
 
さてそれでは、街に戻って刺身で一杯行きますか!
 
つづく。
[ 2014/09/20 00:52 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(8)

のんびり、温泉、別府へ。

 
2014年1月に行きました、別府旅行記です。
 
この時、2013年9月にあったピーチのセールで、
1度のんびり温泉でも行こうかと友人と話してまして
だいぶ先ですが、翌年1月のチケットにまだ安いのが残っていて
福岡行をおさえて、そこから別府まで遠征しようかということに
しました。結局チケットは行きが3900円程、帰り1500円、税込で
往復6700円くらいでした。
 

 
この時は、関空快速で空港まで。
 

 
いつものように、関空第二ターミナルから出発です。
 

 
MM153便 関西ー福岡 1025-1140
 

 
確かこの時は、折角の安いチケットだったんで、福岡まで近いし
座席指定料をけちって、当日どこになるかなと思ってチェックインでした。
この時はなんとか通路側で指定されました。
 

 
確か、空港には少し遅れての到着で、できれば昼飯に
ラーメンでもと思ってましたが、乗り継ぎにあまり時間が無くなり、
駅地下で弁当を買って、特急ソニックに乗り込みました。
 

 
ソニック25号 博多ー別府 1257-1450
チケットは4枚切符。指定席で1人往復5000円。
 

 
博多から2時間弱で別府到着です。
 

 
駅前に出ると、手湯
さて旅館にチェックインして、荷物を置きに行きましょうか。
 
つづく。
[ 2014/09/18 00:39 ] 2014年1月別府 | TB(0) | CM(4)