FC2ブログ





2017年9月、奥尻青函の旅出発!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です!

毎年、夏には北海道に行ってます。すすきのじゃなくて(笑)
札幌以外の都市を訪れて観光してます。
今年は7月末に秋田の帰りに、すすきのに行ったきり。
これではいかんと、9月に三連休が有りましたので、チケットを探しましたが、
9月の前半だと、まだ北海道もシーズン中で、チケットは高い!
ピーチの札幌行きも高いですし、他も高い。
ANA、JALだと往復4万円以上!

ならば、ここは貯めたマイルで特典航空券でと、なんとか函館行きのチケットを
確保したのでした!



大阪から函館行きは、最近LCCのバニラも季節運航してます。
でもこの日の運航はなく、ANAの特典航空券にしました。
ANAだと函館到着が早く、奥尻行きに乗り継げるのもあります!

朝の伊丹空港から出発です!



最近、バンコク行きも含めJAL派になってたんで
ANAラウンジは久しぶりです。
ここでは、モーニングコーヒーで!



ANAの大阪からの函館行きはこの1便だけです。
でもいい時間に飛んでますね!



NH745便 伊丹ー函館 0915-1050
特典航空券で。
出発の大阪は雨。北海道も雨で午後から回復しそうとの天気予報。



9月になると、もう北海道は涼しくなりますが、
まだまだ観光シーズンですね、機内は北海道に観光でという感じの
大阪のおっちゃんおばちゃんで一杯です!私も大阪のおっちゃんですが(笑)!



ほぼ定刻に函館空港に着きました。
もう雨は上がってるかなとも思いましたが、残念ながら雨!



乗り継ぎます、奥尻行きの運行情報を。
大丈夫そうですね、定刻運航みたいです。
雨ぐらいでなんで?と思われますかもですが、
以前ここから奥尻行きに乗ろうとしたとき、奥尻空港が雨で視界が悪く
欠航になったことがあります。そして2度目の訪問で奥尻空港初訪問しました。
でもこの時は、すぐ折り返したので空港から出ておらず、
いずれゆっくり観光してみたいと思っていたのでした。

離島の空港は就航条件も厳しく、訪問には難関ですが、
今回は何とか大丈夫そうです。



さて、乗り継ぎOKとなれば、腹ごしらえ!
島に渡ると、昼ご飯が食べれるかわかりませんしね。



お約束の、函館に来たら塩ラーメンですね!(笑)



おっと、ゆっくり食べてたら、乗り継ぎ時間が
危うくなってきました、それでは奥尻行きに乗り継ぎます!

つづく!






スポンサーサイト



[ 2017/11/18 23:32 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

函館から奥尻空港へ!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

伊丹空港から函館空港に到着して、55分の乗り継ぎ時間
でしたが、何とか塩ラーメンも食べることができ(笑)
奥尻行きの搭乗ゲートへ!



以前は7年前に利用しました、函館ー奥尻線。
1日1便で、細々と運航してます。
8年前に初めて予約入れましたが、その時は悪天候で欠航!
なので今回も心配でしたが、島の天気は悪くなさそうで、
飛行機は定時に飛びそうです。



JL2891便 函館ー奥尻 1145-1215

先得割引タイプA 8000円



ぱらぱらと降る小雨の中搭乗です。



そして、ぶるんぶるんとプロペラを回して滑走路端へ。
ここからエンジン全開離陸します!



離陸して20分ほどで、もう奥尻島に。
青苗港ですね。この辺りは24年前の北海道南西沖地震で津波と火災の
壊滅的な被害を受けました。
あの頃は離島の災害でしかも夜の災害だったので、あまりニュース映像
なんかも無く、翌日のニュースで壊滅的な街の映像が流れてました。
でも今ほど大きく取り上げられることは無かったですね。
正直、関西に居ると人ごとの出来事であったわけですが、その2年後に
阪神淡路大震災が起こり、津波は無かったですが、地震の怖さを
思い知ることになりました。



何とか雨は降ってないようで、奥尻空港に着陸です!



そうそう、この空港。7年前と変わってないと思います!



出発ロビーは綺麗ですね!
1日1便だけとはもったいないです。
ここで、レンタカー屋さんに迎えに来てもらってます。
フェリーターミナル近くのお店まで行きます。

つづく!







[ 2017/11/21 23:09 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

レンタカーで奥尻島1周へ!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

函館から奥尻空港に到着しまして、レンタカー屋さんに
送迎をお願いしてます。
空港から、港近くのレンタカー屋さんまで。



空港は島南部に有りまして、港周辺が島の中心地になってるようです。
20分ちょいでレンタカー屋さんに着きました。



はじめ整備工場かと思いました(笑)!
写真は晴れた翌日の写真になります。
すぐに手続して出発です!
今13時で5時間借りる予定です。



乗ったと思ったら、いきなりストップで。
ここがフェリーターミナルでした!
ちょっと島のパンフレットなどを手に入れて
ここから本格スタート!でも雨がぱらぱら降ってきてます。



まずは島の北端を目指します!



途中で岩の上のお宮さんを見つけました。



宮津弁天宮でした。
江戸時代に大漁を祈願してお社を建てたのが始まりとのこと。

さてもう少し北へ。



岬の先に行く道を入っていきます。



後ろを振り返ると、島最北の灯台。稲穂岬灯台です。



天気も悪く、雨も降って、人も他に居なく。
なんだか不気味な感じ。



ここは賽の河原。
そう死んだら行く?三途の川の河原だそうです。
ここは海難遭難者などの霊を祭ってるとのこと。
なるほど、それで何だか不気味な感じがしたんですね!



ここが河原になるんでしょうか?



人気もなく不気味なんでそろそろ行きましょう。

こちらが借りたカローラ。1人なんで軽でよかったんですが、
二日前の予約でもうカローラしかないと言われ、これにしました。
5時間で6750円。空港からの送迎が1000円で〆て7750円。
ちと高かった(笑)!まぁ島にはレンタカー屋さんが2~3軒?
しか無いのでしょうがないですね。



それでは、島の西側に行ってみましょう!

つづく!





[ 2017/11/23 23:49 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(6)

奥尻島西海岸へ!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

さて、奥尻島最北端の稲穂岬から、西海岸を南下しようと思います。



稲穂岬から海沿いに南下しようと思ってましたが、
一部未舗装で道幅も狭く、迂回する方がいいと、
レンタカー屋さんが言ってたので、雨模様で天気も悪いし
一旦宮津まで戻って、山越えすることにしました。



山越え途中、馬?がいました。



展望台の矢印が有ったので寄ってみましたが、霧の中(笑)!



球島山。天気が良ければ島の見晴らしが良さそうです!



峠道を西側に下りますが、まだ霧の中。
途中、航空自衛隊基地の標識が有ったので、行ってみます!



自衛隊基地?への道を進みましたが、
立ち入り禁止の看板が出てきて、もう引き返します。



そして、西側に下って海沿いに出ますと、霧が晴れ雨もやみ
明るくなってきました!



曇り空ですが、天気は回復傾向かな?



そして、小さな港に出ました。




出湯の港と有ります。

ここに温泉が有りまして、一風呂浴びていきましょう!

つづく!

[ 2017/11/25 23:57 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

奥尻島、神威脇温泉でひと浴び!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

島の峠を越え西側の海岸線に出て、神威脇温泉に。



確か入浴料は420円。



二階が展望浴場になってました。
お湯は熱めで、硫黄臭たっぷりの温泉!という感じ。

下の一階にも小さい浴槽が有りました。そこには入らなかったのですが、
翌日、島の人に聞いたところ1階と2階では泉源が違うとも
おっしゃってました!1階も入ればよかった!



風呂上がりにビールと行きたいとこですが、
ダメダメ、レンタカーですから!夜までお預けです!



温泉のすぐ近くにある、北追岬公園。



それでは、西海岸を南下していきます!



これですね、モッ立岩。



解説読めますか?亡き亭主の体の一部とありますが、
要は男性のシンボルに似た岩という事で(笑)!



これは、たぶんホヤ石。
私はまだ、ホヤを食べたことがないので、どんなもんかわかりませんが?
この旅で何とか食したいと思ってます!



これは、無縁島。



藻内地区の津波痕跡地点。



23.3Mとありますが、この辺りは震源地に近く、地震発生から
数分で20m以上の津波が。津波警報とかも間に合わなかったと思います。



ちょっと浜が有りますが、砂浜でもないですね。



そして、奥尻空港に戻りました。




もう今日の発着便は無いですが、まだ開いてました。
綺麗な空港なのに、1日1便はもったいないですね。

あとは、南部の青苗地区に向かいます。

つづく!


[ 2017/11/27 23:59 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(6)

奥尻島、青苗地区を散策。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

ひと気が無かった?奥尻空港から青苗地区へ。



奥尻島津波館です。

今日はもう時間があまりないので、明日ゆっくり見学させてもらいます。



この上に津波で犠牲になった方の慰霊碑
時空翔が有ります。



時空翔。震源地の方向に向いていて。
地震発生の7月17日に中央のくぼみに夕日が沈むそうです。



地震発生から15日後に、天皇陛下が奥尻島を
訪れて島の方たちを励ましに、なられたとのことです。



青苗灯台。この灯台は地震の時倒れてました。



島の一番南に、なにやら塔が建ってます。



結構大きな頑丈そうな塔ですね。徳洋記念碑



昭和6年に建てられたんですね。
二度の津波に耐えたとのことですから、なるほど頑丈なわけです。



奥尻島の南に、小さな無人島が有りますね。
室津島というんでしょうか?灯台や神社があるみたいです。



そして、盛り土した新しい街並みから降りてきて、青苗港。



そして、津波後に作られた、望海橋。
港で仕事されてる方たちが、もしもの時逃げれるように。
上には冬場を考慮してでしょう、ガラス張りの戸締りできる部屋も有りました。
そう、ここは北海道ですしね。冬場は寒くて大変でしょうから。



今の青苗地区のメイン道路や民家は、盛り土した数メートル上の
場所で再建されたみたいです。



さて、そろそろ奥尻町の中心部へ行きましょうか!



港にあった、看板。
ちょっと周りの建物が無かったので高さがわかりずらいですが、
電線で考えると、やっぱり3階以上の高さ?
港なんで、ほぼ海抜0mですから、怖いですね。

つづく!








[ 2017/12/02 23:33 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

うにまる公園となべつる岩。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

さて、青苗地区の散策を終えまして、レンタカーを返しに
島中心部の奥尻地区に戻ります。そのまえに!



確か今晩の宿はカード払いができないはず。
現金を確保で青苗郵便局へ。

今では離島でも銀行があれば都市銀行のカードで
現金を確保できますが、20年くらい前は石垣島とかでも
都市銀のカードでは降ろせず、いつもニコニコ現金払いのカードが
使えないお店が多く、現金が底をつきかけて、焦ったことも有りました。
もちろん今みたいにコンビニでもATMなんかはありませんから!

その後すぐに、当時の郵便貯金を始めたのでした。
小さな離島でも郵便局は必ず有って、土日以外は
昼間なら現金を手にできましたから。



震災後に復興したと思われる、新しい街並みと道路。



島に到着した5時間前は小雨でした島の東側。
何とか雨も上がって、対岸の北海道が西日で照らされてました。



あと、何か見逃してたな?と
うにまる公園。



今は名投手コーチ、その前は阪急のピッチャーだった
佐藤義則野球展示室。ちなみに私は佐藤投手が現役で投げてるの
見たことありますよ!(歳がばれる(笑)!



うにまるモニュメント。
夜はライトアップされて綺麗みたいです。



そして、奥尻町の入り口にある、鍋釣岩。



奥尻と言ったらこれという名勝でしょうか?



夜はライトアップもされるみたいです。津波で一部破損したらしいですが
今は修復されているとの事!

さて、あとは町の中心部を見て、レンタカーを返しましょう!

つづく!



[ 2017/12/04 23:41 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(2)

奥尻島、御宿きくちで1泊。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

奥尻町に戻ってきて、最後町の官庁街?へ(笑)!



ここが役場のようです。奥尻町役場。



奥尻駐在所。



奥尻郵便局。



街灯もウニの形をしていて、とげが出てます(笑)!



そして、なんとコンビニが有りました。セイコーマート。
24時間営業ではなく夜は23時までの営業ですが。

それでは、車を返して、宿まで送ってもらいます。



フェリーターミナルから車で5分ちょっとでしょうか?



到着です、御宿きくち。
奥尻の宿はどうしようかと思いました。
繁華街も、もちろんないし(笑)
それならば、食事の良さそうな宿でのんびりとと思って。
以前ブロ友さんのとんびさんも宿泊されていて、印象の良さげなこちらにしました!



部屋は綺麗で一人でしたが、広めの部屋にしてもらったみたいです。
さて食事は18:30からとのこと。



18:30になりまして、食堂に行くと海の幸が一杯並んだ食卓が!
もうウニのシーズンは終わって生うにが無いのは残念ですが
あわびの踊りや刺身のコースを予約してました!



魚の煮つけがおいしかったです。
もちろんあわびの刺身はこりこりと!



アワビの踊り食いも。唐揚げの魚も出てきて、これも美味しい!
サッポロクラシックがすすみます!



そして、ウニ鍋。もう生うには終わってますが、それでも
たっぷりのウニが入った塩味ベースの鍋。ここで白ご飯を
食べながらウニ鍋を味わいました。
いやぁ幸せなひと時でした、美味かったです、ごちそうさま!

この後はもちろん飲み屋街とかあるわけないので(笑)!
早めに就寝しました!

つづく!







[ 2017/12/05 23:11 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(11)

もう1度、奥尻町中心部をぶらぶら。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

さて翌日の朝食。



朝からイカ刺がついてるのが嬉しいですね!



そして、9時過ぎに港のバス乗り場まで送ってもらいます。



最後、玄関でうにまる被って写真を撮ってもらいました(笑)!

追記、楽天トラベルから予約で、食事の良さそうなプランで、
欲張りメニュープランというやつで、1泊2食付きで12200円でした。
ちょっと高いかなとも思ってましたが、いやいや十分満足な食事、接客の宿でした!



奥尻漁港ですね。イカ釣り船が停まってます。

港からのバスは、役場付近を通るみたいで
先回りしてもう一度、町中心部へ。



昨日レンタカー借りたお店。なんか修理工場のようです。



奥尻小学校。



山と山の間に町が開けていて、その真ん中あたりに
川が流れてました。



町役場の奥に消防署が有りました。



消防署の前にバス停が、そろそろタイムアップなんで、
ここからバスに乗り込みましょう。

つづく!

[ 2017/12/07 23:43 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(2)

奥尻島津波館へ。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

さて、奥尻消防署前から町営バスに乗りまして
帰路につきます。



海沿いの道に出ますと、最後にナベツル岩。



町営バス。私のほかに1名の地元?のおばさんとで2名の乗車。



奥尻町から40分ほどで青苗の南にある、津波館入り口へ。
バス代620円やったかな。



津波館のバス停で降りましたが、少し距離が有ります。

海も青く、空も透き通った青さで気持ちいいですね。



青苗灯台。昨日も見ましたが今日は陽が当たって
明るい感じです。



そして、奥尻島津波館。



そして、受付。入場料は500円です。
案内ガイドもついてくれるみたいですが、一人で見ました。

まずは地下のシアターで映像の見学。



そして、48個の立体模型で奥尻島の誕生から
災害、復興を再現しています。



四角い光は198有って、震災によって亡くなられた方の数だそうです。



写真展示で青苗地区の震災の写真が。
子供たちが見た震災を詩でつづっています。



津波館を訪れて、改めて震災の恐ろしさを感じましたね。

それでは、空港に向かいましょうか!
適当なバス便は無いし、歩いて(笑)!
たぶん40分くらいで着くかな?

つづく!







[ 2017/12/09 23:39 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(0)