FC2ブログ





バンコクに到着しました!


バンコクに着きました!

今回ちょっと色々有りまして、あわや中止かとも思いましたが、
何とか日本を出発、バンコクに着きました!

しかし、この年末の出国ラッシュ、キャンセルしたチケットに代わるものは
中々無く、困難を極めました!
この辺りはまた、詳しく別記事にしますね!

そして、二転三転して、取れたチケットは。



前日調べてた時に無かった、スクートに空席が1席出て、
即予約!初スクートになりました。



スクートビズという席に空席が有りまして、
そうですね、ビジネス席でも無く、プレミアムエコノミーぐらいの席ですかね?



ドンムアン空港に着いたのは、22時頃。
心配したイミグレの混雑もなく、バスでBTSのモチット駅まで。

オンヌットのアパートに着いたのは、24時を廻ったころでした。



朝ごはんは、カオマンガイ。

お昼は、オンヌット駅前のショッピングセンターがソフトオープン
してましたので見学に!



センチュリープラザですね。



ほとんど日本食屋さんですが、まずはやっぱりこちらかな?



牛丼大盛とコーラで。計186B

味は日本の吉野家の方が、肉が柔らかくて甘い?かな。
でも充分。ほとんどわからないかも。

この後はマッサージを2時間でした。

さて、夜はナナでも行きましょうかね~!

たぶんつづく!





スポンサーサイト



[ 2017/12/30 20:10 ] 旅先から生中継 | TB(0) | CM(8)

味噌カレー牛乳ラーメンを食べて、大阪に帰ります!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。



さて、今回の旅最後の飯はここで。昨日も気になってましたが、
閉店が21時くらい?だったので入ることができませんでした。
まぁ駅構内の食堂ですが。



ここは、もちろん昨日から気になっていた、
味噌カレー牛乳ラーメン!



11:30頃ですが、まだ他のお客さんは少な目。



来ました、味噌カレー牛乳ラーメン!

お味の方は、カレーラーメンというよりは、味噌ラーメンのカレー味
という感じですかね!

そして、青森駅12:00発の空港バスに乗りまして、青森空港へ。



青森駅から30分くらいで、青森空港到着!



お土産なんかを見て搭乗口に向かうと、10分遅れ。



まぁ、飛行機は乗ってしまえば国内では早く、青森から
1時間半もしますと、生駒山を越え、間もなく伊丹空港へ
着陸態勢!



そして、淀川を越えますと、すぐに
伊丹空港着陸です!



青森からのプロペラ機だと、札幌千歳空港からの
ジェット機とあまり時間は変わりませんが、2時間弱で大阪に戻りました!

今回の旅、やはり夏場の北海道方面は、海の幸が
美味しいです!
奥尻島で生うにが食べれなかったのは、しょうがないですが。
次回もう1度、生うにが食べれるときに、奥尻島へも
有りかなと思う、今日この頃です(笑)!

おしまい!




[ 2017/12/29 02:33 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(2)

青函メモリアルシップ、八甲田丸。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

まずは、東横インの朝食。



まぁ、どことも代わり映えは無いですが、みそ汁が
具沢山で美味しかったです。昼前にも予定があるんで軽めにこれくらいで!



朝の青森駅。通勤通学の時間が過ぎ、人は少な目ですね。



ホテルをチェックアウトしまして、港の方に。



見学に行きます八甲田丸へ。



乗船しましょう!
入場料は500円。



入ると、ジオラマがあって、あと青函連絡船の歴史をビデオを放送してたり。



ここは、元グリーン船室ですね。



こちらは、寝台室。



上に上がりまして、ブリッジへ。



煙突の中も入れるみたいですね。



煙突展望台から青森駅方面。



船の前方、車両の引き込み線が有り電車も止まってますね。



そして、車両甲板。



実際に車両が乗ったまま展示されています。



そして、船の一番後ろ。ここから港に着いたら、
扉が開いて車両を出し入れしてました。



そして、車両甲板の下。
こちらは発電機のエンジン。



そしてこちらが、船を動かすメインエンジン。
ここと別にもう1つ部屋が有って、全部で8つのエンジンがあるそうです!
ちょっと仕事柄、こんなのに興味が有りまして、すげぇ!と
一人感動しておりました(笑)!



そして、入り口に戻りまして、見学終了です。



私の初北海道は、バイクツーリングで確かその時は
まだJRになってなくて国鉄の末期で、この青函連絡船は
動いていたはず。でも結局乗ったことは無かったですね。

青函トンネル開通、連絡船の廃止は昭和63年でした。
確か瀬戸大橋の開通も同時期で、四国の宇高連絡船も廃止になりました。
宇高連絡船は田舎が四国だったんで何度か乗った記憶は有りますが。



船の後ろ、ここから貨車など積み込んでたんですね。

さて、12時の空港バスに乗らないと飛行機に間に合わないので、
あとその前に、最後青森の名物を!

つづく!

[ 2017/12/28 11:26 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(2)

初めてホヤを、そして夜の青森をぶらぶら。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

駅を出ると左手がすぐ海だったので、ちょっと行ってみました。



港には、橋が架けられ、今どきのベイエリアという感じ。



函館や高松、そして門司港となんか雰囲気が似てます。



函館にも連絡船が展示されていますが、青森港は八甲田丸ですね!



あっという間に日は暮れていき、八甲田丸も少しライトアップ。
今日はもう見学は終了なんで、明日朝見学に行きましょう!



一旦ホテルにチェックインします。
ホテルは駅の真ん前、東横インですね!
ちょうど夕焼けが見えます。

ちょっと一服して、晩御飯に行きましょうか!



青森は以前、空港に着いて即35分の滞在で折り返したのみで(笑)!
ほとんど初めての地です。

軽く調べてましたが、こちらのお店にしてみます。



ほたてのお店も有りましたが、ホヤを食べたかったんです!
今日のおすすめで、ホヤと書いてありましたんで。



まずは、もちろんホヤですね!



実はホタテも好きなんで悩みましたが、昼はウニイクラで
贅沢したんで、ここは軽く、ホタテカレーで!



来ました、初ホヤ!

初ホヤの感想!くせがあるかとも思いましたが、そんなことは無く、
ホタテとカキを足して2で割ったような感じ?
美味しかったですね、もちろん次回も有りです!



そして、ホタテカレー。
そうこちらは、ホタテが入ったカレーで、まぁこんなもんでしょう!



さて、食後は夜の青森をぶらぶら。
北海道の地方都市よりは人がいる感じです。
夜ごはんは、カレーとホヤだけにしてたんで、実は
あとラーメンを考えてました。でも夜遅くまでやってるお店は見つけられず
ほとんど21時閉店です!

う~ん、どうしょうか考えてましたら、
ふらっと入ったコンビニでカップ麺のご当地ラーメンを売ってました。
もうそれを買ってホテルに帰ります。



青森のラーメンは煮干しラーメンと味噌カレー牛乳ラーメンが名物ですね!



ちょっと寂しいですが、夜は節約という事で
激煮干しカップラーメンで!

北国らしく関西人には味の濃い感じがしました。

つづく!
[ 2017/12/23 23:44 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(6)

北海道新幹線で青森へ!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

新函館駅から北海道新幹線に乗ります。



東京行き、はやぶさ号。



車内はどこの新幹線も同じですね。



函館駅の7-11で売ってた、ざんぎで一杯!



木古内駅を過ぎまして、線路が3本になりました。
そして、スピードもダウン!ここからは貨物列車も走るんで
在来線のスピードになります。

間もなく青函トンネルへ!



酎ハイが足りなくなったので、秘蔵のサッポロクラシックを追加!
これは今晩ホテルで飲もうかと買ってました(笑)!
青函トンネルは20分以上かかるみたいです。






何の写真かよくわかりませんが(笑)

これは青函トンネルの本州側の海底駅、竜飛海底駅ですね。



そして、新青森駅に到着しました。
新函館北斗から1時間ちょっと。



在来線に乗り換えます、1駅で青森駅。



新青森駅は新函館北斗駅ほどローカルでは無いですが、
駅の周りにはあまり何も無さそう。



そして、青森駅に到着しました!

ここまで、函館駅から2時間強くらい。二回乗り換えが有って、
折角の新幹線ですが青函トンネル付近の減速も有って、
う~ん7200円ほどしましたが、いまいちですね!
時間がかかる割に高いですよね。

東海道新幹線だと東京から2時間乗れば、もう琵琶湖が見えますから。



青森は、空港以外ほんと初めての地になります。
でも連絡船の有った地で、函館、青森、高松となんか
ベイエリアの再開発とか共通点が有りますね。



青森駅も改装されてますよね、なんか小さな地方都市の
駅のよう。



しかし、駅前には、おなじみのホテルが控えていて便利ですね!

さて、ちょっとベイエリアをウロウロしてホテルに行きましょう!

つづく!





[ 2017/12/21 01:55 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

新函館北斗駅まで。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

函館ベイエリアで遅い昼ご飯のあと、函館駅まで歩いてぶらぶら。



函館駅朝市も15時を過ぎるともう閉まってる店も多く。



貝類やカニの水槽が有りました。



函館駅近くのチケット屋さんをのぞいてみましたが、
北海道新幹線は回数券のばら売りとか無さそうです。
早割系は有りましたが、当日安いチケットというのは、無理そうかな?



函館駅に来ました。



函館駅前から見る、函館山。



はこだてライナーに乗り込みます。



函館駅から20分弱で新函館北斗駅に。



周りは畑と山で、大空と大地の中でほどでは無いですが、
周辺には何もない北海道のローカル駅という感じなんですが・・・・。



いきなり綺麗な新幹線乗り換え口が現れます(笑)!



行先の東京が何か誇らしげに感じます。

これにて北海道を離れます!

つづく!



[ 2017/12/19 22:52 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(6)

函館の昼ご飯は、きくよ食堂支店で。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。



奥尻島では生うにのシーズンは8月半ばまで。
今回生うには食べることが、できませんでしたが、
せっかくの北海道!何とか食べて帰りたい、それじゃあ
朝市の食堂でと思いましたが、時間は14時すぎ。
朝市は文字通り朝が早いんで、昼過ぎには閉まってしまいます。
なので、ここベイエリアにある函館朝市の食堂の支店、きくよ食堂に
来ました、ここのお昼の営業は15時までのようです。



もう14時を廻った平日、お店は空いてました。



うにも食べたいし、いくらも食べたい、ホタテもな~。



まずは、サッポロクラシック!
このビールは美味いですね!ほとんどないですが関西でも見かけたら買ってます。



そして、いかソーメン。
朝飯からイカの刺身を食べましたが、函館ならやっぱりイカで!



うに、いくら丼にしました。



アップで(笑)!
海鮮丼2種でウニいくら丼。

結局全部で3888円!贅沢な昼ご飯になってしまいました。
晩御飯は節約しないと。



食後は赤レンガ倉庫街をぶらぶら。



運河ボートも有りました。



函館山ですね。まだ登ったこと無いんですが(笑)!
今度、函館に泊まった時にでも、夜景を見に登ってみたいと思います。

それでは、そろそろ時間かな?駅に向かいましょう。

つづく!







[ 2017/12/17 00:41 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(10)

奥尻空港から函館空港へ。


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

さて、奥尻空港から1日1便唯一の函館行きで。



立派な空港ですが、でも1日1便だけの函館便。
この日のお客さんも半分くらいの搭乗率でしょうか?



機材は伊丹ー但馬でも飛んでいる、SAAB340Bで36人乗りです。
そう、スウェーデンの製、自動車や軍用機を作ってるメーカーです。
しかし今はもう、この航空機も製造中止で、そろそろ引退が噂されています。



少ないお客さんなんで、すぐに搭乗も完了で出発体制に!



奥尻島から西方向に離陸してすぐに左ターン。
そして函館空港に向かいます。



奥尻空港を飛び立って20分ほどで、函館空港が見えてきました。



そして、また左ターンして、西向きに着陸です。
函館山が見えますね。



奥尻空港からはあっという間、30分もかからず
函館空港に到着でした。

奥尻島からこの時は早割で8000円プラス市内までバス。函館市内まで
1時間ちょい?

奥尻島から函館まで
船だとバス代足して4000円ちょっとですが、時間は4~5時間。
時間重視なら、飛行機の選択ももっとあると思いますが、
現実にはかなり少なそうですね。



そして、バスに乗りまして、函館市内へ。
函館空港は市内に近いですよね、バスで20分くらいで
函館駅に着きます。



函館駅を通り過ぎまして、ベイエリアまで来ました。
時間ももう14時!お腹すきました、さあ昼ご飯!

つづく!




[ 2017/12/15 23:49 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(4)

今年最後の九州遠征!


そろそろ、世間ではクリスマスモードと忘年会モード!

私も昨日は、このあと転勤になるので、送別会をやってもらえました。
ありがとうございます!

まぁなんせ、今年ももう少しという事で、色々とやり残し無いようにと。

そして、今年も貯めてるJALマイル、もう少しでサファイア会員を防衛できます。
もう沖縄、札幌に行くほどマイルが必要では有りません。

九州まで片道乗ればOKなんで、今年最後の九州行きです。



今回、予約したのはJALダイナミックパッケージ。
大阪から、福岡イン、熊本アウトで。
自分で飛行機とホテルを選べる、パック旅行みたいな感じです。



仙台からの折り返し便みたいでしたが、
今日は全国的に強い冬型の気候、東北、北海道は大荒れになりそうとのこと。
なので、少し遅れて到着、出発になりました。

これは、USJのカラーリングでミニオンジェットって書いてました。



そして、間もなく福岡空港に着陸です。



福岡空港といえば、今滑走路増設やら、ターミナルビル改築で
あちこち工事中でしたが、完成した設備もそろそろ有って、
3階のレストラン階にラーメン屋さんの集合体、
ラーメン滑走路が先月オープンしました!

千歳空港にもラーメン道場とか有りますよね!

さて、ラーメン屋さんが8軒くらい?
どこに入りましょうか?



煮干しラーメンのお店にしました。煮干しラーメン凪
東京のお店みたいですね。



食券を買ったら、iPadにかざして。そして
麺の硬さや味の濃さ、そのたもろもろ、iPadに入力しますとオーダー完了!



ラーメンが出来上がると、カウンター前のレーンにラーメンが流れてきます。



お味は、濃厚煮干しスープ!
麵は縮れ太麺。
この後、熊本でも煮干しラーメンを食べる予定で
味比べの予定です。



その後、博多駅に出まして、地下のチケット屋さんで
熊本まで新幹線、格安チケット3680円。

時間も有ったので、各駅停車のつばめで熊本まで49分。



地震で破損した熊本城。復興工事が始まってました。



忘年会シーズンですね!賑やかな飲み屋界隈でした。



熊本の煮干しラーメンはこちら!
私のお気に入りの味です。



福岡空港の煮干しラーメンと比べるとですが、
やっぱり、私はこちらが好き!
こちらはあっさり煮干しラーメンです。



商店街アーケードにくまもん。



ラーメン食ったし、スーパーで鳥のたたきと寿司で晩飯。
なんせ今日は寒いんですよ!あまりぶらぶら歩かず、ホテルで部屋飲みです!
鳥のたたきがうまい!大阪では中々お目にかかれないので!

まぁ、修行の旅なんで明日昼すぐ帰ります!

おしまい!










[ 2017/12/13 00:02 ] 旅先から生中継 | TB(0) | CM(4)

歩いて奥尻空港へ!


2017年9月に行きました、奥尻青函旅行記です。

奥尻島津波館を見学しまして、空港に向かいます。
でも、バスは1日数本と寂しい限り。
地図を見ますとここから空港まで2.7km。歩いて40分くらいかな?
ハイキング代わりに歩いてみましょう!



風もそこそこ有って、そう日差しもきつくないし、
歩くのには、絶好のコンディション。
たぶん気温も20度くらいかな?



青苗の街中にパチンコ屋さんが有りましたが、
これは既に休業中ですね。



何か街中は、離島の風景というより人工的な空気を感じましたが、
それもそう、この辺りは震災後に盛り土されて新しく造成された街並みなんですね。



盛り土の道路から、青苗港。
震災の前は街並みも港と同じような高さだったんですかね。



新しくきれいな街並みですが、なんか人工的な違和感も感じる
青苗の街並み。



こんなのも見つけました。

もしもの津波の時、丘の上に逃げる避難路ですね。
でもなぜドーム屋根付き?と思いましたが、
ここは北海道、冬は雪が積もってると迅速に逃げれないですからね、
なるほどと思いました!



歩き始めて30分あまり、上り坂もありそろそろ疲れてきましたが
あともう少し!



そして、歩き始めて40分ほどで空港に到着しました!



この空港も7年前に来て2度目、もう来ることは無いかな?
いや、でも今度は生うに食べに来ようか!



そして、折り返しの飛行機が着陸してきました!



飛行機の向こうに見えるのは、松前大島。
ひょっとして、今話題の北朝鮮の船が漂着したと思いましたが、
あれは松前小島でしたね!
でも、この奥尻島に近いんでやはり政府には国境警備にも
力を入れてほしいですね。

それでは奥尻島にお別れして、函館に向かいましょうか!

つづく!



[ 2017/12/11 00:52 ] 2017年9月奥尻青函 | TB(0) | CM(0)