FC2ブログ





朝のフエサイ、ぶらぶら。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

ちょっと今週バンコクから生中継記事を挟みましたので、
ほぼ1週間ぶりになります。
前回はタイのチェンコンからメコン川を渡ってラオス入国。
そしてフエサイの街で1泊まで、書きました。

そして翌朝。かなり肌寒いですね。
ちょっとTシャツだけではつらいです。



さて、昨日夕食を食べたレストランで朝食です。
ホテル代は朝食付きです。



メニューが、アメリカンブレックファストかヌードル?
と聞かれましたので、肌寒いのでもちろんヌードルで。



おっ、これがラオスのカオピヤックかと思いましたが。
センレック?センレックより少し幅広麺かな。
スープはアジアの麺らしくて、味の素がよく効いた感じでした。
でも寒い朝にはピッタリで温まりました。



ちょっと街をぶらぶら。こちらは旧イミグレーションです。
タイチェンコンから渡し船で渡って、こちらでラオス入国でした。



川の対岸は、タイのチェンコンです。



川岸から旧イミグレの坂を上ってきますと、
フエサイのメイン通り?です。
この階段を登ってお寺に行けそうです。



そんなり高いところではないようです、ゆっくり歩いても
5分くらいです。



多分、これが本堂でしょう。



川向うが見えまして、三角屋根の建物が以前のタイ側のイミグレですね。



さてまたメイン通りに戻って来まして、トゥクトゥクと交渉して
バスターミナルに行きましょう。

つづく。
[ 2015/03/15 01:34 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(8)

ラオス、フエサイ。ホテルはリバーサイド!


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

ラオス国境からトゥクトゥクで100B20分ほどで
フエサイの、以前イミグレが有った場所でトゥクトゥクを降りました。
ホテルはここから歩いてすぐでした。すぐチェックイン。



ホテルから見たメコン川。
やはり、もう太陽は沈んでしまった、メコン川の夕暮でした。
川床にいい雰囲気のレストランがありますので、晩飯に。
夜22時まで開いてるとのこと。



ちなみに、この左の建物がリバーサイドホテルです。
フエサイでは高級ホテルになるんじゃないでしょうか。
agodaで1000Bほどしました。
後で確認すると、この近辺500B前後で泊まれそうでした、
現地で探したほうが良かったです・・・。

そして正面がレストラン。



実はここのレストラン、2回目なんです。前回の記事はこちら。
以前はチェンコンから渡し船でラオスに入国し、川沿いの
こちらのレストランで、朝からビアラオでした(笑)



昼は、川沿いで眺めも良いレストランですが、夜は何も見えず。



まずは、ビアラオ。ビールのお供ににラープガイとカオニャオ。
さすがに本場のラープ、辛くて美味しかったです。



そして、空芯菜炒め。こちらもニンニクが効いていて美味しい。
でもカオニャオは、日本米みたい?でした。



お代はこちら。全部で98000キープ。
バーツ払いで410B。
キープをバーツに変換するには、キープの0を3つ取って、4をかけると
バーツの値段がだいたいわかります。今回だと98X4=392Bくらい?ですか。
ビアラオ大瓶は12000キープ、約50Bで安いですね!



ラオスは、元フランスの植民地なんで白人観光客も多いです。
小さなオープンBARが何軒かあるだけで、あとはひっそりです。
雑貨屋でビアラオを買って、今日はおとなしくホテルに戻ります。



ホテルのお部屋はこんな感じ。やっぱりこれじゃあ500Bレベル
ですかね。慌てて予約して失敗でした。

つづく。



[ 2015/03/08 23:57 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(4)

メコン川でサンセット、間に合うか?


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

チェンコンの国境でタイを出国しまして、メコン川を渡りラオス国境に
行く連絡バスを待ちます。30分近く待ってようやく人が集まりだし
動きそうな気配。結局10人ちょっと乗って動きました。



30分程ぼ~っと待って出発です。



こちらがラオス方面です。只まだあまり活発な車での交流は
なさそうです。



そういえば、タイは日本と同じ左側通行、ラオスは右側通行なんで
ここで8の字にクロスして、最初左側通行でスタートしたバスは、
右側通行に変わりました。



そしてメコン川を渡っていきます。



この辺は、川幅もあまりないようですね。だからここに橋を架けたのかも。
ちょっと町から離れていて不便なんですが・・・。



メコン川を渡ると、すぐにラオス側の国境です。



日本人は、ラオス入国がノービサなんで、すぐに入国。
でも入国税?40Bとられました。
ここの国境はノンカーイ、ビエンチャンの国境のように
自動改札のようなゲートはありませんでした。

入国するとトゥクトゥクの客引きが寄ってきます。
フエサイの街まで100B。まぁ情報通りなんでオッケーします。



タイのチェンライから一緒だったスイス人カップルも乗り込みます。
でももう少し人が集まらないと動きません。ここでもラオス時間でしょうか、
のんびりしてます。
そして、またまた、タイから一緒だったカナダ人カップルも乗り込み
ようやく出発です。ここでも30分のロス。



スイス人カップルも目的は同じようで、
メコンリバー、サンセット、ビアラオ、GOGO!と
やはり夕陽を見ながらビアラオを飲みたい!と私にもわかる英語で
しゃべってくれます。しかしもう夕日はこんな感じで、やばい間に合わない!




あとから乗ってきた左のカナダ人カップルは、この後
バスターミナルで降りて、すぐに出発のルアンババーン行の
バスに乗り換えてましたが、ここから確か12時間くらい?
着くのは明日朝6時?う~ん私には無理です。



ラオスの素朴な街並みを通り抜けていきます。
かなり薄暗くなってきました。



メコン川の川沿いを走っていきます。国境からフエサイの町まで
結構遠く20分以上かかったと思います。

以前の国境なら、チェンコンの町から渡し船で3分ほどだったんですが。



フエサイの街に着いたときは、もう夜ですね。
まずはホテルを探して、夜にゆっくりビアラオですね!

つづく。


[ 2015/03/07 01:58 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(4)

チェンコンの国境まで。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

チェンライ第一バスターミナルに来まして、近くで
カオソーイの昼食の後、バスに乗ります。



毎時0分発が1時間に1本有ります。料金は65Bです。
もちろんエアコン無しです。(笑) また毎時30分発の途中別経由のチェンコン
行きが有ります。



1400時発のやつに乗り込みます。



出発間際には、満席になりました。
ここから2時間以上の長丁場になります。



小さな町、低い峠を越えて約2時間、そろそろ疲れてきました。
エアコンなしですが、走り出すと心地よい風が車内に入ってきます。
もうすぐ着くかな。



出発から2時間15分ほど。以前はチェンコンの町中まで行きましたが、
メコン川に橋が架かって新しい国境は、チェンコンの町手前で
トゥクトゥクに乗り換えるようです。ここで乗り換えします。



トゥクトゥクは50B。スイス人カップルと相乗り。でも5分ほどで
国境到着でした。バスを降りて歩けそうな距離でした。2KMぐらい?
実際、後で国境で、同じバスに乗っていたカナダ人カップルが歩いてきて
追いつかれました。



まだ出来て1年位の?新しい国境です。きれいですね。
こちらのブースでタイを出国しました。



今の時間は16時30分前。ここからメコン川をバスで越えて
ラオス国境へ行きます。バス代は16時30まで20B。
でも16時30分過ぎると割増しで25B。この時正確にはまだ16時30分に
なってませんでしたが、25Bとられました。(涙)



こちらのバスでラオスまでのようですが、まだエンジンルーム
開けっ放しなど、しばらく動きそうも無いですね。のんびりタイ時間が流れてます。
でもラオスのフエサイはもう目と鼻の先、明るいうちにホテルに入れると
思ってたんですが・・・。

つづく。





[ 2015/03/05 01:00 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(4)

チェンライ、バスターミナルまで。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

激混みのドンムアン空港でしたが、何とか飛行機にも間に合い
チェンライに向かいます。



DD8716 ドンムアンーチェンライ 1115-1230
定刻に出発です。



結構混んでまして、満席近いと思います。
チケットも2日前ですが、3000B近くしましたから。



ノックエアはいつもお菓子のサービスが有ります。
これが楽しみです!



そして、チェンライ空港に到着です。定時に到着でした。
歩いてターミナルに向かいます。



チェンライ空港から街なかまでの足は、リムジンタクシーのみと
思います。市内から空港へはトゥクトゥクも有りますが。
200B払ってリムジンタクシーでチェンライの第一バスターミナルへ。



バスターミナルに着きました。こちらはチェンライ県内へ行く便が
出発する第一ターミナルです。バンコク行きなど長距離便は第二ターミナル
から出ます。
さてここからラオスとの国境、チェンコンまで行きます。
30分に1本有ります。2時間以上かかるので
まずは腹ごしらえ。



バスターミナルの横に食堂が何軒か有りまして
ここにしてみました。



ショーケースを見ますと、中華めんの横に揚げめんも有ったので
これを注文しました。カオソーイ。確か35B。

さてバスでラオス国境に向かいましょうか!

つづく。
[ 2015/03/03 00:26 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(4)

まずは、ノックエアでチェンライへ。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

さてバンコクに来まして、3日目。今日からちょっと北部に行きます。

今日の朝ごはん。



悪ガキと朝ごはん。このトマト入りスープが辛くておいしかったです。

ちょっとぎりぎりの時間になっちゃいましたが出発です。



BTSで終点のモチット駅まで。



ここからタクシーを拾いまして、ドンムアン空港に向かいます。



モチット駅からタクシーで15分ほどで
ドンムアン空港に到着。ちょっと飛行機の出発時間ぎりぎりの
到着でしたが・・・。



中に入ってびっくり。多くの人で混雑していて
あとチェックイン締め切り時間まで10分ほど。ちょっと焦っています。

見かけたノックエアの人に行列を指さし、出発まで時間が無いんですがと
中学生英語(笑)でアピール!
優先してくれるかとも思いましたが、列の短いカウンターを
指さすだけ(笑)。でもなんとか締め切り時間に間に合いました。



セキュリティーチェックに向かうも、こちらも長蛇の列!

チェックを抜けたころは、もう搭乗のファイナルコール。



こちらの機体のようです。ゲートまで急いで行きます。



DD8716便 ドンムアンーチェンライ 1115-1230

バンコクに来た日に予約したので、間際で高く、込みこみ3000Bほど。

ふ~でも間に合って良かった!では出発です。

つづく。

[ 2015/02/28 01:25 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(6)

バンコク2日目、夜はナナヘ。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

イサーン料理の昼ご飯のあと、またBTSでMBKまで。



MBKで、また i phone関係のアクセサリーを探したり。
6のケースもだいぶ増えてきました。いくつかお土産でピックアップ。

そして、アパートに帰りまして少し休憩。



今回、悪ガキはスパイダーマンのマスクを用意して
待ち構えてました(笑)

で夜になり、出発です。



やっぱりここ(笑)!



この日は、12/28日。そろそろ日本からの訪タイ客もピーク時で
いつものBARも、日本人で一杯でした。



明日は、午前中から空港へ向かうんで
電車が動いてる早めに退散します。



そういえば、晩ごはん、まだだったので、
とりあえずバーベキュー串4本で40B。

BTSでオンヌット駅まで帰ります。



オンヌット駅前の炒め物屋台です。ガバオガイ、目玉乗せ。
持ち帰りで何とか通じたようです。50B。



期待通り、カエル君もいました(笑)



ちょっと隣の屋台で、センミーを啜っておきます。



アパートに帰りまして、ガバオライスです。ここの屋台のも美味しかったです。
タイではガバオライスは国民食でしょうか、どこで注文してもそこそこ旨いのが出てきますね。

さて明日は、バンコクから離れます。

つづく。

[ 2015/02/25 22:55 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(8)

バンコク2日目イサーン料理ヘ。


2014年12月に行きました、タイ、ラオス旅行記です。

さて昨日夕方バンコクに到着しまして、のんびり。

まずは朝ごはんが出てきました。



何が出てきたのかなと思いましたが、私の苦手なレバーの揚げ物で
一切れしか食べれませんでした。カオニャオは美味しいです。

それではちょっと、出かけましょう。



午前中から日差しはきついですが、まだ汗をかくほどでもなく
快適です、いつもならモタサイに乗って出かけますが、ちょっと散歩がてら
ぶらぶらします。



マッサージ横丁まで来ました。
昨日はフットマッサージだったんで、今日は本格的に
タイマッサージ2時間を。



この店は最近できたのでは?
1度ためしてみます。値段はこの界隈みんな同じで
1時間150B、2時間で300B。

さて、マッサージの後は、昼ご飯に行きましょう。



BTSでビクトリーモニュメント駅まで。
そして歩いてソイラングナム、を曲がってすぐのイサーン料理のお店へ



この辺はイサーン料理のお店が沢山有りますね。



もう13時半頃だったと思いますが、まだそこそこ混んでます。



まずはイサーンセット(笑)
ソムタム、コムーヤーン、カオニャオ、シンハー。
コムヤーンのたれが辛くて絶品です。



イサーンサイクロン。とシンハー追加で。
シンハー2本飲んで、全部で325B。
安いですね!日本円で1000円ちょっとですからね。

さて明日からちょっとバンコクを離れる予定なんで、
早くもですが、お土産さがしでも行きましょうか。

つづく。
[ 2015/02/22 00:29 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(6)

バンコク1日目、晩ごはん。


2014年に行きました、タイ、ラオス旅行記です。

さてアパートに到着しまして、シンハーで一杯。
その後、今後の行程を検討したりしてました。
暗くなって、お出かけです。



アパート下の道路にもイルミネーションが、飾られてました。



マッサージ横丁まで来まして、フットマッサージを。

その後、晩ごはんに行きましょう。



オンヌット駅を越えて、ロータスに来ました。
前回食べてうまかったので。



今回もガバオムーにしました。前回同様美味かったです。
でも結構高かったです。玉子のせて60B。



もうちょっと食べたかったので、7-11で恒例の
カオパップー。蟹チャーハン。ここのは美味しいです。
そして初日のこの日は、おとなしく就寝でした。

つづく。


[ 2015/02/17 00:59 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(4)

バンコク到着、オンヌットのアパートまで。


2014年12月に行きました、タイラオス旅行記です。

バンコクスワンナブーム空港に到着しまして、イミグレーションも
空いていて、すぐに入国できました。
そして到着ロビーで携帯のSIMカードの購入。
昨年、I PHONE を買い替えまして、残った以前の4Sを
SIM下駄をはかしてアンロックしようと持ってきました。
I PHONE 4Sの下駄を履かせてアンロックの記事はこちら



SIMカードを購入しましたが、この時点では今ひとつ、上手くいかず。
ちょっと時間がかかりました。
エアポートリンクで市内に向かいます。



マッカサン駅まで来ました。



連絡通路を通って、地下鉄乗り場へ。
ほとんどいつも空港からこの場所に来ますんで、
バンコクに来たな(帰ってきた)と実感します。



地下鉄に1区間乗り、BTSに乗り換えアソーク駅です。
ターミナル21のクリスマスツリーです。
よく見るとかなり大きいですね。



そしてBTSオンヌット駅まで来まして、いつもの両替屋さん。
この日12/27のレートは1万円が2765B。かなり円安が進んでます(涙)



そしてマッサージ横丁を抜け、BIG C横の串屋さんで鶏串を。



そして、ここからモタサイでアパート下まで。10B。



そしてアパートに到着しまして、まずはシンハーで!
至福のひとときです。さて今回は1週間の滞在、今後の予定は未定なんで。
ちょっと行程を考えます。

つづく。


[ 2015/02/15 00:14 ] 2014年12月タイラオス | TB(0) | CM(2)